Top > 家具でリサイクル活動

家具でリサイクル活動

イケアは、家具の材料に木材を多く使うことから、森林伐採対策やリサイクルなどの環境対策に対して非常に関心が高い企業です。
まだ環境問題が強く問題とされていなかった、1980年代から積極的に環境対策に取り組んでいるようです。
合板に対するホルムアルデヒド放出量の厳格化や、熱帯雨林伐採の木材を使わず、植林によって生み出された木材を使う、あるいは家具などの梱包に使用する各種梱包材や、家具のリサイクル活動を続けています。
その一環として、2002年にはイケア鉄道を設立しました。
スウェーデン、デンマーク、ドイツで、貨物列車の運行を行っています。これはイケアが製品などを各地に配送する際、トラック輸送に伴う環境負荷を軽減するために、用意した自前の鉄道です。
渋滞による遅延も無く、輸送コストとしても安く、また環境負荷も少ないということで、一日あたり50台のトラック輸送を撤廃できているそうです。今後、ポーランド、イタリア、ベルギーなどへも線路網を伸ばしてゆくことが計画されているそうです。
環境問題に真摯に取り組む企業こそが、真の優良企業ですね!

 

 マネックスでFX  防犯グッズいろいろ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
イケアの家具の特徴(2009年6月28日)
イケア 家具を買いに行く時の注意点(2009年6月28日)
家具でリサイクル活動(2009年6月28日)
イケアに家具を見に行って、美味しいものを食べて帰る!(2009年6月28日)
イケアって通販できるの?(2009年6月28日)